書籍リスト

2006年

九条の根っこ── なぜ? と問うことからはじめよう
九条の根っこ── なぜ? と問うことからはじめよう

彦坂 諦 著  ISBN4-8462-0316-6
このわたしとちがう感じ方考え方をするひとに、このわたしの感じ方考え方を伝えたい。憲法第9条の根っこには、どのような歴史と人々のいとなみが埋まっているのか? ずっと「あたりまえ」だと思っていたことについて問いなおし、根底的に考えぬくことによって、それがなぜ「あたりまえ」なのかを再確認する。



思い出すまま
思い出すまま

石川義夫 著  ISBN4-8462-0318-2
半世紀を法曹界一筋に生きた著者が、幼少以来の半生、裁判所体験を赤裸々に綴る。



詩集 あふれる想い
詩集 あふれる想い

興津志恵利 著  ISBN4-8462-0312-3
出会いと別れ、光と影、恋しさ、いとしさ、希望、夢、喜び、悲しみなど分かりやすく、ささやかに表現した54篇の詩集。CD付。



ホトケの映画行路
ホトケの映画行路

大橋信雅 著  ISBN4-8462-0307-7
「どんなつまらない映画でも、ぼくの現実より少しマシだ。」どこを旅しても行きつく先は映画館―<映画>を読んでいるとフイに立ち現われてくる詩人にして僧侶の、心無頼なガキの<貌>。

2005年

書く場所への旅
書く場所への旅

國中 治 著  ISBN4-8462-0304-2
「言葉が沈む海を渡りこころゆくまでためらってみる 詩の旋律が波打つまばゆい岸辺で」小説を書くために海へ、詩を書くために喫茶店へ──詩と文学、ことばをめぐる思索の旅。



人体実験─ガンとのたたかい、生のたたかい
人体実験─ガンとのたたかい、生のたたかい

白井 愛 著  ISBN4-8462-0301-8
みずからの病を、ガン医療の実態を、生の意味とそのアポリアを、正面から見すえ検証し、そしてすべてを受けとめて果てた、激しくも透徹した魂のドキュメント。 本書は、ガン患者白井愛の、発病から最期までの4年にわたる壮絶な闘病記である。



あの夏、少年はいた
あの夏、少年はいた

川口汐子+岩佐寿弥 著  ISBN4-8462-0295-X
03年9月、児童文学作家にして歌人である川口汐子の郵便受けに、分厚い一通の手紙が舞い込んだ。宛名は川口汐子とあるが、岩佐寿弥と書かれたこの手紙の差出人の名前に覚えがない。往復書簡、ふたりの魂の結晶作用…。 ATP賞テレビグランプリ・総務大臣賞受賞のNHKハイビジョン特集『あの夏 60年目の恋文』原作本。

PICK UP

戊辰幻影─みゆき女口伝
戊辰幻影─みゆき女口伝

戊辰戦争後、敗者はどう生きたか。刈和野で戦死した一関藩及川盛の曾孫が明かす秘話。すべて実名の人物たちが織りなす歴史の哀歓。

話題の本

好評既刊

お問い合わせ

Tel 03-3358-7531

営業時間 平日 9:00〜18:00
(定休日 土日祝)

お問い合わせ